障碍者ならではの注意点!寮付き求人に応募する際の注意点

法整備の影響もあり、障碍者が一般企業に応募するハードルはここ数年でさらに低くなってきていますが、それでも、面接時のすれ違いなどがまったくのゼロになったわけではありません。入社した後に細かいミスマッチがいろいろと見つかり、本人自身も居心地が悪くなって短期間で退社してしまう、というケースも実際に報告されています。お互いにとっての不幸をなくすためにも、求人への応募から面接までにぜひとも確認しておくべきことや注意点など、ポイントを絞って解説していきます。

 

名ばかりバリアフリーに注意

世界的に「ノーマライゼーションの浸透」が叫ばれていることもあり、日本国内でも障碍者にとって働きやすい環境づくりに真剣に取り組んでいる企業が増えてきました。寮付き求人への応募にあたって、まず優先的に注意したいのが社員寮のバリアフリーです。

せっかく住まいが確保された寮付き求人によって採用されたとしても、肝心の社員寮がバリアフリー対応になっていなければまったく意味がありません。企業にかぎらず、街なかには「名ばかりバリアフリー」と呼びたくなるものが少なくありません。

スロープは設置されていても幅が狭かったり、角度が急だったりと、肝心の障碍者にとって安心して使えないような「名ばかりバリアフリー」が一般企業でもあとを絶たず、これこそが障碍者の一般就労を阻んでいるといっても過言ではありません。名ばかりバリアフリーが放置されている原因は、無知と無関心です。

企業側がマイノリティの人々について真剣に知ろうとしてこなかったからこそ、中途半端なバリアフリーで終わってしまい、企業の障碍者雇用率が長いスパンで伸び悩んでいるのです。現状を変えるためには、地道な努力が肝心です。皆さんも寮付き求人の不備をひとつひとつチェックし、その都度根気よく正していくことで、日本の雇用事情は少しずつ改善され、前進していくのです。

 

人事担当者との相性にも注目

寮付き求人から企業に応募した場合、最初に接することになるのが人事担当者です。特に障碍者の場合、採用面接の段階でいろいろと細かい事情を伝えておく必要がありますので、人事担当者との相性について、できるかぎり早い段階で見きわめておくことがポイントになります。

また、人事担当者は応募者の採用の合否だけでなく、入社後のフォローまでを担当している場合があります。内定後、企業との間で思わぬミスマッチが起こらないためにも、採用面接の段階で必ず人事担当者の氏名をひかえておき、こまめに連絡が取れるようにしておきましょう。

企業によっては、内定から入社までの間に本人と面談する機会をつくり、社内のバリアフリーや勤務時のサポート体制について検討するところもあるようです。

 

採用面接で伝えておくべきこと

障碍者が一般企業で対等に働くためには、企業側の「合理的な配慮」が必要になります。持病などで定期的な通院の必要がある場合は必ず、面接の段階でその旨を伝えましょう。

月に何日程度仕事を休むのか、その場合は有給になるのか、それ以外の注意事項についても細かく伝えておくことによって、入社後のトラブルを防ぐ効果があります。

 

まとめ

障碍者が寮付き求人に応募する際には、企業の側にも合理的配慮が求められます。必要なら人事担当者とも連絡を取り、入社後の不安やトラブルがないようにバリアフリーやサポート体制を確認しておくことで、長いスパンで働きやすい環境を整えることにつながります。

TOPへ戻る