寮付き求人に応募する前に確認しておくこととは

寮の付いているお仕事に応募するのには、どのような点を確認しなくてはいけないのでしょうか。このような求人は、お仕事だけではなく、生活の大部分の変化が必要になります。そのことをしっかりと頭に入れて、確認作業を行っていきましょう。今回は、どうしても欠かしてはいけない部分のみをご紹介していきますので、お役に立てば幸いです。お仕事もプライベートも充実した生活を送りましょう。

寮付き求人の種類

寮付き求人で最も多いのは、工場などの製造業種ではないでしょうか。工場は広い敷地を必要としますので、都心部などの密集した場所にはなかなか作りません。そうなると、自宅から遠い場所に通勤することになりますので、寮が重宝されます。二交代制や夜勤なども多い工場のお仕事では、時間帯によっては電車やバスなどの公共交通機関を使うことが難しくなることも一つの要因です。

同じ工場勤務でも、期間工という雇用形態も寮付き求人で多く掲載されます。簡単に言ってしまえば、「一時的に勤務する契約社員」です。主に繁盛期などに求人が出ることが多く、短期間で稼ぎたい方にはおすすめとなっています。こちらも工場で働きますので、寮を利用することが多く、大企業の場合は高待遇ですので、快適に生活できると思います。

また、リゾートバイトも多いですね。リゾートバイトとは、観光地やリゾート地で旅館やホテル、レジャー施設などでアルバイトを行います。寮がある場合が多いですので、遠い場所から学生が夏休みなどの長期休暇を利用して住み込みでお金を稼ぐのです。このアルバイトは普段とは違う土地や環境で働くことができますので、若い世代を中心にかなり人気となっています。

その他で言うと、介護施設でも寮完備のところが増えてきているようです。こちらも夜勤などの勤務形態がありますので、寮を利用したほうが便利なのかもしれません。もちろん、寮費や光熱費を安く抑えられるのも大きな魅力ですよね。

寮付き求人は短期間で稼げる?

寮付き求人で探すお仕事やアルバイトの最大の魅力と言えば、なんと言っても短期間でお金を稼げる点だと思います。特に期間限定の期間工や短期アルバイトなどは比較的、支払われるお給料や時給が高く、決められた期間内でたくさん稼ぐことが可能となっています。その代わり、仕事内容はきつめのことが多く、短期間にぎゅっと詰め込まれたような形です。

また、稼ぐことができるというのは、お給料が高いという意味だけではなく、他にお金を使わなければいけないところが減るという意味でもあります。大企業の期間工は、賃金も高く、寮費や光熱費は無料か格安、各種手当もしっかりと出て、食費補助までも支給されることが多く、生活費がほとんどかかりません。寮内も必要最低限の家具や家電があり、自分の荷物はカバン一つ程度で充分暮らしていけます。これでお金が貯まらないはずがありませんよね。

その他の寮付き求人では、期間工ほど稼ぐことはほとんどの場合できませんが、節約という意味では生活費が普通よりも格段にかかりませんので、貯金はしやすいのではないでしょうか。しかし、いくら生活費がほとんどかからないからと言って、プライベートの遊びなどで使いすぎてしまうと、もちろん貯金はできませんし、期間工や短期アルバイトの場合は契約期間が終わった後の生活にも関わりますので注意してください。

女性の夜のお仕事の場合も寮があることが多いです。その場合も稼げることは多いですが、あまり一つのお店に長く働くことが少ないようですので、その後の計画をきちんと立ててから、お金を使うようにしてくださいね。

将来を見据えた仕事

寮付きの短期アルバイトや期間工のお仕事は、期間限定なので、長く続けることはできません。では、どのような方におすすめかというと、例えばネットカフェ難民のようなその日暮らしから脱出したい方や短期間でお金が必要な方などです。特にその日暮らしから脱出したい方は、期間工などで生活の基盤を作るためのお金をしっかりと貯めて、契約期間が終了したら将来のために長く続けられるような仕事を探しましょう。

その他に正社員として寮付き求人のお仕事をしていくときは、独身で一人暮らしの場合であればそのまま寮に入ってお金を貯めていけば良いのですが、その後結婚をしたりして家族が増える可能性もあります。その時のことを予め考えて、社宅や家族寮があるところなどを探しておくのも一つの手ではあります。家族寮とは、一人暮らし用の寮よりも間取りが広く、数人で暮らすことのできる寮です。

もちろん、家族寮や社宅は一生暮らせるものではありません。退社する時には出ていかなければならなくなりますので、一定期間家族で寮生活をし、お金を貯めてからマイホームを購入するなど、上手く将来設計を立ててみてくださいね。そのまま独身の一人暮らしの場合でも同様で、一生寮に住むわけにもいきませんので、出ていく際に困らないような貯えは欠かせません。

寮付きのお仕事は何かと便利ですが、その後の将来を見据えながら働いていくと更に便利で有益なものとなります。将来の安定のためや目的のためにお金を大切に使っていきましょう。

寮付き求人の注意点

一般的に求人に応募する前に注意しておきたいことは多数ありますが、寮付き求人の場合はどのような寮であるのかをしっかりと確認しておくことも大切です。寮のタイプもいくつかあり、一人暮らし用ですと、主にワンルーム寮と集合寮に分かれます。ワンルーム寮は個人部屋のワンルームにユニットバスなどのバストイレが付いてきて、ほとんどの場合キッチンも備え付けてあります。賃貸マンションなどと大差のないような寮です。

一方集合寮は、ワンルームの個人部屋があるのはワンルーム寮と同じですが、バス・トイレ・キッチン・食堂などの他の寮に住んでいる方たちとの共有スペースが多くなります。このタイプの寮は、他の方たちとコミュニケーションをとることは必須なので、人見知りや仕事とプライベートは完全に分けたい方には向いていないかもしれません。このように、タイプによって自分のライフスタイルが大きく変わることもありますので、注意してください。

また、光熱費や寮費も会社によって違いますので、寮に入る前に確認しておきましょう。せっかくお金を節約するために寮付き求人で探したのに、寮費が賃貸マンションと大差がなければあまり意味がありません。生活費がどれだけ節約できるのかを計算することも大切なこととなります。また、寮だけに注目するのではなく、仕事内容を第一と考えるようにしてください。

あくまで、お仕事あっての寮ですので、自分に合った長く続けることのできるお仕事を選択していきたいですよね。

まとめ

寮付き求人に応募する際に確認しておきたいことを簡単に見ていきました。上でも申し上げましたが、住む場所である寮もとても大切ですが、最も大切なのはどのような仕事なのかです。期間工や短期アルバイトでしたら一時的なものですので何とかなりますが、長く続けていきたいお仕事を探したいのならば仕事内容を最も重視してください。

一生の仕事へと繋がる選択ができると良いですね。将来に向けて、「なりたい自分」を思い描いて、それに向かって突き進んでいきましょう。

TOPへ戻る