カップルで寮付き求人に応募する時に覚えておきたい注意点

カップルでの応募を歓迎している仕事として代表的なのがリゾートバイトです。その名の通りリゾート地で働くのですが、勤務地が遠方の場合は寮に入ることになります。寮には恋人同士で入居できるタイプのものがあるのをご存知でしょうか。リゾートバイトに限らずカップルで寮付き求人に応募する際の注意点について、面接や寮のタイプ、勤務中の心構えからまとめました。

面接時に気を付けたいこと

カップルで求人に応募する場合、2人で同じ職場に勤務することが目的ですよね。大前提として応募前に確認しておきたいのが、カップルでの応募と入寮が可能な職場であるかということです。インターネットなどで検索して、カップルでの応募ができるか分かればいいのですが、もし不明な場合は電話で問い合わせると確実です。また、採用人数も重要です。採用人数が1人の場合、当然のことながら2人で一緒に働くことはできません。募集人数が多い求人を探すといいでしょう。

面接を2人同時に行うのか、あるいは1人ずつなのかは会社によって様々です。面接時には恋人と一緒に応募したことを伝えるようにしましょう。これがきちんと伝わっていないと、どちらか1人だけが採用されてしまうこともあります。また、働くのはどちらか1人のみで寮に2人で入居したい場合にも、面接でその旨を伝えるようにしておくと、採用後にスムーズに寮に住むことができます。

寮は基本的に男女別

カップルや友達同士での応募を歓迎している会社は少なくありません。特にリゾート地でのアルバイトは、多くの人員を確保するためにそういった募集の方法をとっています。

ここで注意しておきたいのが、寮は基本的に男女別になっている場合が多いということです。男子寮と女子寮に分けている理由としては、風紀の乱れや無用なトラブルを避ける他、着替えや入浴などの管理がしやすいということもあります。応募の前に、恋人同士で同室に入居ができるのかを確認しておきましょう。

もし男女別の寮にそれぞれ入居することになった場合は、過度にお互いの部屋を行き来することは避けましょう。寮のルールとして行き来が禁止されている場合もあります。同じく寮に住んでいる同僚の目もありますし、ルールを守れない人というイメージが付いてしまうと仕事にも支障が出かねません。寮の外や共有スペースで会うようにするなどの配慮が必要です。

公私混同を避けよう

恋人と同じ職場で働けて、同じ場所に帰れるのは嬉しいものですよね。リゾート地での勤務は非日常感も味わえるので、楽しみながらカップルで働ける素晴らしい仕事です。やる気も出て、仕事の効率が上がるという人もいるでしょう。

しかし、仕事中に恋人同士で仲良くしすぎるのは考えものです。お客さんや他の従業員そっちのけで話し込んでしまったり、必要以上の身体接触をしたりする行為は控えましょう。また、四六時中恋人と一緒にいれば時には喧嘩をしてしまうこともありますよね。仕事中に口論になったり、険悪な雰囲気を出したりすると周囲も気になってしまいます。公私混同は避け、仕事中はあくまで同僚として接することが大切です。

まとめ

勤務中も家に帰ってからも恋人と一緒にいられるというのは嬉しいものです。特に同棲を経験したことのないカップルであればなおさらでしょう。

カップルで入居できる寮付き求人を探すには、インターネットが便利です。恋人同士での入居を希望していることは、面接時にきちんと伝えるようにしましょう。採用人数が多い求人がねらい目です。この時、男女で分かれているタイプの寮ではないかも確認しておきましょう。

勤務中は公私混同を避け、節度を持った行動を心がけましょう。せっかく同じ職場で恋人と働けているのですから、気持ちよく仕事ができるといいですよね。

TOPへ戻る