脱ネカフェしたい方必見!寮付き求人のデメリットを検証

ネットカフェ難民とは、定住する住居がなく、ネットカフェを一時的な住処として寝泊りしている方たちのことを指します。その日暮らしな事が多く、賃貸物件も契約することができません。そんな状況から抜け出すためには、寮付き求人で仕事を見つける事が最適なのですが、そのお仕事にはデメリットとなる部分もあります。そのデメリットをしっかりと把握して脱ネカフェを目指してみましょう。

 

時給はそれほど良くない

住み込みのアルバイトなどの時給はそんなに高くないことが多いです。なぜなら、利用することのできる寮がついていますので、生活費をかなり会社側が負担してくれることになります。中には食事の支給や食費の補助金を出してくれる会社もありますので、どうしても時給を高くすることはできなくなります。しかし、ネットカフェ難民などは、ネカフェから脱出するためには住む場所が必要不可欠ですので、時給が安くても寮付きのお仕事のほうが良いと思います。

あまりに時給が低い場合は、働いている間に少しずつお金を貯めて、次の仕事をするための準備をしてください。賃貸物件を借りなければいけなくなるかもしれませんし、当分の生活費も必要です。その期間だけは少し他よりも頑張って働いて、贅沢を我慢して貯金をしていきましょう。そしてお金が貯まったら、次の仕事は長く続けることのできる自分に合ったお仕事を探して生活の基盤を作ってください。

少しずつコツコツとお金を貯めることが苦手だと言う方は、大手自動車製造メーカーなどの期間工として働くと良いのではないでしょうか。期間工は一般的な住み込みのお仕事とは違い、お給料は高いことが多く、短期間で稼ぐことができます。ただし、契約期間がすぎてしまえば寮から出ていかなければいけませんし、仕事も終了です。本格的なお仕事を始める前の基盤として活用していくと、とても便利ですので、やるのならば計画的に始めてくださいね。

寮雪求人はあまり時給が高くないというデメリットがありますが、生活費が削減できるというメリットもありますので、両者を比較して考えてみましょう。

 

意外と不便

特に、観光シーズンの観光地やリゾート地で住み込みでアルバイトをするリゾートバイトに多いのですが、都心部などとは違い周囲に何もないなんてこともあったりします。山奥の仕事先などは特に不便で、コンビニに行くのでも歩いてはいけにような距離のところにあったりすることはザラです。短期間であれば、事前準備さえしていればそんなに困ることはありませんが、長期間の場合は不便なことが多くなってしまうので注意が必要となります。

リゾートバイトほどではありませんが、実は工場も不便な場所にあることが多いです。大きな敷地を必要としますので、郊外に建てられる事が多く、交通の便や買い物などに困ります。職場の近くに寮は用意されますので、寮からも不便ということになります。特に今まで便利な場所で生活していた方は、とても窮屈に感じるかもしれませんね。そんな時は自分なりにストレス発散方法を探しましょう。

休日は少し遠出しみるのも良いですし、部屋で何かできる趣味があればそれも良いのはないでしょうか。一番良くないのが、ストレスを溜めこんで爆発してしまうことですので、なるべくストレス発散方法を見つけて試してみてください。あまりに不便な場合は、お金を貯めて車やバイクなどを購入して休日は自由に動けるようにしていくのも一つの手段だと思います。寮付き求人に応募する時は、職場と寮の場所をしっかりと確認しておくと良いですよね。選べる余地があれば、なるべく便利な立地の職場を選んでみてください。

 

面倒くさい人間関係

会社の寮ですので、当然一緒の寮に住む方々は職場が同じということになります。上司や先輩、、同僚などが同じ建物内で暮らしていくとなると、人間関係が面倒くさいと感じるかもしれません。もちろん、打ち解けやすいというメリットもあり、人付き合いが好きな人は楽しく生活をしていけると思います。しかし、普通の近所付き合いではなく、職場の関係性をそのまま持ち込まなければいけない寮内での人間関係は嫌がる人が多いのも事実です。

ほとんどの場合、個別の部屋がありますので、最低限のプライバシーは守れますが、同じ寮の人と全くコミュニケーションをとらないといことはできません。特にお風呂やトイレ、キッチンや食堂などの共有スペースの多い、集合寮というタイプの寮の場合は、休日であっても他の人と顔を合わせない日はありませんので、ストレスと感じてしまう危険があります。

そんな時は、必要最低限の社交辞令と挨拶で乗り切りましょう。長く寮生活をしていけば、周囲の人たちとの距離のとりかたもわかってくるはずですので、快適に生活することができるようになると思いますよ。今の時代、無理にコミュニケーションを求める人も少なくなってきていますので、社会人としてのマナーさえ守っていれば無理強いされることはないでしょう。それでもどうしても無理な場合は、ワンルーム寮のような自分の部屋内にお風呂・トイレ、キッチンが完備してあるタイプの寮が用意されているお仕事を探してみてください。寮費は少し高めになりますが、ストレスを溜めこみすぎないこととを考えれば安い物だと思います。

 

もちろんメリットも!

脱ネカフェをするに当たって、一番大切なことは生活の基盤を作ることです。自分の住む場所をしっかりとし、安定した収入を得る事で、その日暮らしからは脱出することはできます。その点を考えると、やはり脱ネカフェには寮付きの住み込みの仕事が最適となります。決まった自分の住処で寝て起きて、少しでも良いので貯蓄できるような安定した収入がなければ生活の基盤が作ることができません。

とにかく、自由に動くことのできるお金を得ることが最も重要です。しかし、ネットカフェ難民のままですと、その日の生活だけでいっぱいいっぱいなのに、そんな日々に終わりが見えないという最悪な状況となってしまうのです。その日だけではなく明日も、もっと言えば最低でも一か月間は心配のない生活を目指してください。その為には寮付き求人は一時的な物だとしてもとても有効です。

もちろん人間関係などの問題で、合う合わないはあると思います。本来ならば無理は禁物なのですが、脱ネカフェのためには多少の無理は必要です。無理をしすぎて体調を崩してしまっては、元も子もありませんが、その手前までは頑張ってみてください。ある程度のお金が貯まりさえすれば自由に動くことも可能になりますので、それまではできるだけ我慢してみてください。

中には寮生活が向いている方もいて、楽しく生活しながら仕事をこなしている方も多くいらっしゃいますので、自分がそのタイプですと楽しい生活が送れますので、何の心配もいりませんよね。

まとめ

寮付き求人のデメリットをご紹介していきました。個人的には、脱ネカフェを目指すのであれば、住み込みのお仕事を探すことが一番良い方法だと思っています。デメリットは当然ありますが、抜け出せさえすれば選択肢が広がり、その後の人生が違ったものになるはすです。

どうしても我慢できないデメリットを我慢しろとは言いませんが、その後の人生を想像して我慢できることはしてみてください。一生の仕事ではなく、脱ネカフェの足掛かりとして使ってみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る