女性が夜のお仕事の寮付き求人に応募する際の注意点

寮付き求人でも人気の高くなってきている、女性の夜のお仕事で、寮を利用したいと思った時に注意しなければならないことを見ていきましょう。仕事とプライベートを両方とも充実させるために、さまざまな角度から検証していきます。注意点をしっかりと把握して、寮を快適に利用し、万全の体制で仕事を頑張っていけるようにしていきたいですね。夜のお仕事特有の注意点もチェックしてみてください。、

寮費は意外と高い

キャバクラなどの夜のお仕事の中で、寮が付いていることもけっこう多くあります。その多くの場合は、寮としての建物をお店が持っているわけではなく、お店側が社員の代わりに借りている賃貸マンションやアパートです。つまり、お店側が賃貸契約を結んでいるマンションやアパートに住むといことになります。そうなると、従来の社員寮などよりも断然に住みやすく、プライバシーも全く問題ありませんので、快適に暮らすことが可能です。

ただし、気を付けなくてはならないのが寮費です。従来の社員寮などでは、会社がある程度負担してくれますので、格安な場合がとても多いです。会社によっては無料のこともけっこうあります。しかし、夜のお仕事の場合は、あまり格安で貸してくれるところは少ないようです。マンションやアパートの家賃をそのまま徴収されます。そう考えると、寮ではなく自分でマンションなどを賃貸しても大差はありませんよね。

もし、何かの事情で自分で賃貸契約を結ぶことができない、もしくはその作業が面倒だと言う方は、お店の寮を利用するのが便利だと思います。確かに何かと手続きが必要ですので、あらかじめ用意前に入念な確認が必要なことです。お店によっては空いていた分の家賃も天引きされることがあります。家賃以上のお金がかかってしまっては本末転倒なので、寮費に関しては入念にチェックしておきましょう。

希望のお店に入れないかも?

女性の夜のお仕事は、実は入れ替わりが激しいことでも有名です。決して楽なお仕事ではないので、条件が合わなかったり、人間関係が上手くいかなかったり、思うように稼げなかったりすると違うお店に移ってしまいます。場合によっては自分の体を犠牲にして働くこともある職種ですので、少しでも条件の良いお店に行きたいのは当然のことですよね。

お店を移ってきたばかりの時に、寮を利用するのならば、お店側と契約を交わすこと思うのですが、契約書や誓約書はしっかりと隅から隅まで確認しましょう。なぜならば、中には契約書や誓約書の中には充分な説明もされずに、不当と思われるような内容が書かれていることがあるからです。例えば、「何年以上お店を辞めることができません」「何年以上寮を出ることはできません」などがあります。もしそのお店に不満があったとしても契約書に書かれた年数はお店を移ることができなくなるのです。

夜のお仕事といってもさまざまに種類があり、その種類にもよりますが、お酒を飲まなければいけなかったり、お客様のいろいろな対応をしていかなければならないので、かなりハードなお仕事が多いです。高待遇、好条件を求めてお店を移ることも多いですが、夜のお仕事自体が嫌になり、辞めたいと思うことも普通のお仕事よりも頻繁にあると思います。そんな時に、すぐに寮も出ることができず、お店も辞めることができないと、ストレスなどから体調を崩したりしてしまう可能性も高くなってしまいます。夜のお仕事特有のリスクを考えて、寮に入る際も慎重に行動してくださいね。

盗難の危険性

普通の一人暮らしの賃貸マンションやアパートであっても、盗難の危険性はあり、充分な警戒が必要です。なぜ、夜のお仕事をしている女性の寮暮らしの場合は特に危険性高く、気を付けなくてはいけないのでしょうか。上でも説明したように、夜のお仕事は入れ替わりが激しく、それと共に寮の入れ替わりも頻繁にあります。あまりに入れ替わりが激しいために契約者や誓約書で早く辞める事を規制されてしまうのかもしれません。

普通の賃貸マンションやアパートなどでしたら、新しい入居者が入る度に鍵の交換をしてくれることが多いと思います。別料金となってしまうこともありますが、ほとんどの場合は防犯のために皆さんもしますよね?しかし、キャバクラなどの寮は、入れ替わりが激しいこともあり、その度にお店側が鍵は交換してくれないことが多いです。もし前に住んでいた方が合い鍵を作っていたら、勝手に侵入することが可能となってしまいます。

その場合は、どんなに戸締りをしていても意味はなく、簡単に泥棒に入られてしまうのは当然のことですよね。また、レギュラー出勤している方は夕方当辺りから朝方まで留守にしていることが多いので、泥棒に入るのには適している時間帯を狙われてしまいます。できれば寮に入った時に、自己負担でも良いので、お店側に許可をとってから鍵の交換をしましょう。それでも危険なことには変わりありませんが、危険性はかなり下がると思います。あとは一般的な防犯をしっかりとしてください。

失敗しないポイント

正直に申しあげて、あまり夜のお仕事のお店の寮に入ることはおすすめしません。賃貸マンションやアパートを賃貸契約することができるのならば、そのほうが断然に良いと思います。もし他に高待遇のお店が見つかった場合には、寮は足枷となってしまうこともありますし、賃料も安くはないことが多いので、普通に家賃を払ってもあまり大差はありません。敷金や礼金、その他の費用を払えるのならば自分で賃貸マンションを契約しましょう。

賃貸契約をする資金や時間がない場合は、一時的にウィークリーマンションやマンスリーマンションなどを利用するのも一つの手段だと思います。このようなマンションを利用しながら、お金を貯めて、最終的には賃貸マンションやアパートを契約するのが一番賢い手段なのではないでしょうか。寮を利用するのも決して悪いことではありません。きちんとした条件のお店や会社も、もちろんあります。

ただ、一般の会社よりも、やはり条件が悪いことが多いのも現実です。夜のお仕事の寮付き求人に応募する前に失敗しないポイントがあるとすれば、とにかく事前にさまざまなことを確認することしかありません。必要なことを聞いて、答えてくれないような会社やお店なら働くのはやめておいたほうが無難です。ある意味、良い指針となるかもしれません。お店側に気を遣ってあまり確認をしないまま、働き始めてしまうと後悔する可能性が高いですので、勇気を持って事前確認をしていってください。

まとめ

普通の会社の社員寮などと、夜のお仕事の寮では注意点は少し違ってきます。この職業の働く時間帯や特性が他の職業とは大きく違う為、普通の社員寮とは全くの別物だと考えたほうが良いかもしれません。

働く会社やお店自体も、信用できるところかどうかの判別が難しく、実際に信用しないほうが良いところもたくさんあります。決して楽なお仕事ではありませんので、だからこそお店選びは慎重に行いましょう。大変なお仕事の対価をきちんと理解してくれるところが良いですね。

TOPへ戻る