寮付き求人で人気上昇中!どんな人が介護職に向いている?

人には向き不向きがあります。介護職においても例外ではなく、向いている人もいれば向いていない人もいるのです。それぞれの特徴をしっかりと把握して、自分がどちらなのかの判断をしてみてください。寮付き求人も多数あり、徐々に人気の職種となってきていますが、しっかりとさまざまな角度から見て、考えてから応募するようにしましょう。寮が付いているからお得だという考えだけでは長続きしないかもしれません。

お年寄りへの敬意

お年寄りのお世話をする介護職の方々は、当然たくさんのお年寄りと毎日のように接していきます。サポートを続けているうちにどんどん親しくなっていくのは必然です。親しくなるのは良いことですし、利用者であるお年寄りの方にも安心してもらうことができます。徐々に親しくなっていくうちに、子供に対するような口調になっているのをよく目にしますが、それも利用者の方に安心してもらうためのテクニックであり、相手が不快になっていなければ決して失礼なことではありません。

しかし、その行為は徐々に親しくなっていく工程が大切なのであって、介護のプロは利用者自身の反応や状況など全てを加味して、口調を変えていることが多いのです。もし、先輩や上司が子供に対するような口調でお年寄りと会話していたとしても安易にそこだけを切り取って真似をすることはやめてください。中には孫のような年齢の職員に馬鹿にされていると感じてしまう方もいるからです。そんな風に思われないような信頼関係を築いていくことがとても大切なのだと思います。

介護が必要になってもお年寄りは人生の大先輩です。そのことを常に頭に入れておきましょう。人それぞれどう扱ってほしいのかは違いますので、それに上手く対応して接することができるようになると良いですよね。体の面ではこちらがサポートしますが、人生経験の面では決して勝てる物ではないので、敬意を忘れずに接していきましょう。そうすれば本当の子供や孫の様に可愛がってくれますよ。

協調性を持つこと

介護のお仕事というのは、生活のサポートだけではなく様々な面からお世話をしていかなければいけません。病気を持っている方もいらっしゃいますし、人それぞれできることとできないことは違います。そうなってくると、施設に働いている全ての職員の連携がとても大切なこととなってきます。介護スタッフや看護師、医師やケアマネージャーなどがあらゆる方面からさまざまなサポートをしていくことが重要ですので、一人だけ和を乱すような行動をとってしまうと、最悪の場合は利用者さんの命にまで危険が及んでしまいます。

協調性を持つということはどんな仕事であっても、大切なことだとは思いますが、特にお年寄りのサポートをしていくこの仕事には必要不可欠です。例え、命には関係ないような仕事内容の時でも、連携を乱してしまうことで怪我をさせてしまったり命に関わってきてしまうことが日常的にあります。そんなリスクの高いお仕事だからこそ、利用者さんやそのご家族の方たちに感謝していただけるのではないでしょうか。

ここまでの話だけですと、プレッシャーがかかり過ぎてしまう感じもしますが、連携は個人の責任やプレッシャーをみんなで分け合うことでもあります。大変な仕事であるということには変わりありませんが、自分の責任やプレッシャーをみんなで共有し、また他の人の分も一緒に背負ってあげてください。これが自然にできない方は、残念ながらこの仕事には向いていないのだと思います。職員一丸となって利用者さんのサポートをしていきましょう。

優しさと体力

介護する側もされる側も、人間ですから当然「合う」「合わない」があります。普通の生活の中でしたら「合う」人と仲良くなれば良いだけの話なのですが、お仕事としていろいろな人と接していかなければならない中で、特別に親しい利用者さんを作ってしまうことはできません。周りから見ると、それはただの贔屓に見えてしまうからです。自分では意識していなくても、気にする方は必ずいらっしゃいます。

例え、「合わない」と感じる方であっても、他の人と同じように接するように心がけるようにしてください。平等に接していると周囲に感じさせることがこの仕事に必要な優しさなのではないでしょうか。もちろん、状況によっては個人の相談などに乗ることは大切なので、そこは上手くバランスをとっていくと良いと思います。また、優しさだけでは続けられないのがこの仕事で、体力面もとても重要です。

介護の現場では、利用者さんを持ち上げたり、走りまわったり、重い物を運ばなければいかなかったりと何かと体力を使います。人並み以上の体力を持っていなければできないという仕事ではありませんが、極端に体力のない方はあまり向いていないかもしれません。特に腰痛持ちだったり、他に持病があったりすると続けづらい仕事ではあります。

もし、持病もないのに自分に体力がないと感じた場合は、トレーニングなどで体力を養いましょう。嫌になったからではなく、体力面で仕事が続けられなくなってしまうのはとても勿体ないので、無理のない簡単な努力をしてみてくださいね。

向いていない人の特徴

介護職をやっていく上で、向いていない人がいるのは当然です。もし、どうしてもこの仕事がしたいという熱意がないのならば、向いていないと思われる人は違う道へと進んだほうが良いかもしれません。ここでは向いていない人の特徴をいくつかご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、あまり人が好きではない方は向いていなと思います。この仕事は多くのさまざまな利用者を相手にしていかなければいけません。人と接することが苦手ですと、大きなストレスとなってしまう可能性が高いです。ストレスは初期段階では何とか抑え込むことができますが、溜め込みすぎてしまうと大きな爆発を起こし、仕事の継続が不可能となってしまうので、甘く見てはいけません。

コミュニケーション能力が低い方もあまり長続きしない傾向にあります。人が好きではないのと同じですが、人比較的濃密に接する仕事ですので、利用者さんとの意思疎通がはかれないと仕事が務まらないのです。利用者さんの希望を汲み取り、それに応じた対応をしていくことが大切なこととなりますので、高いコミュニケーション能力が必要です。

また、利用者さんのペースに合わせることができない方も向いていません。利用者さんはサポートを必要としている方々です。介護とはそのサポートをするための職業なので、自分のペースではなく、サポートされる側のペースに合わせていかなければなりません。なので、せっかちな性格だったり、短気だったりするとペースを合わせることが大きなストレスになります。

まとめ

介護職は、自宅で家族を介護するのとは違い、全くの他人のサポートをしていくお仕事です。家族であれば、元から信頼関係があるので、多少の失敗や良くない態度は許されます。しかし、仕事としてしまうとそれが許されなくなってしまうことが多く、向き不向きが重要となってしまうのです。

自分がこの仕事に向いているのか否かを判断し、もし向いていないとしても、それでもこの仕事を選びたいという方は、きっと努力が必要ではありますが、向いていない部分を克服することができると思います。それだけの熱意があるのなら、頑張って乗り越えましょうね。

TOPへ戻る