寮付き求人の給与相場!自由なお金はどのくらい?

がっつり稼げて、住居費の負担も少ない寮付き求人は、とにかく仕事内容よりも給与重視の仕事選びをしている方にはおすすめです。自由なお金でプライベートを充実させたい方でも、しっかり貯金をしたい方でも、お金の管理は重要です。そこで、具体的な数字を用いて、毎月のお金の流れを詳しくご説明します。毎月の収入から、生活費はどのくらいかかるのかの相場を算出し、どのくいのお金が手元に残るか考えます。これからの生活をイメージしながら見ていってください。

入寮する際の負担が少ない!

もし、新しい場所で仕事を始める場合、実家を出たり、今住んでいるところから引っ越したりする必要があります。その際には、新たに家を契約するために、敷金、礼金、不動産仲介手数料が初期費用としてかかります。例えば、ワンルーム家賃5万円の物件を借りるとします。敷金礼金等が全て家賃1か月分として、初付きの家賃も含めて最低20万円は初期費用でかかることになります。これに加え、事務手数料や鍵の交換代なども必要になりますし、敷金礼金などが家賃の2か月分の場合もあります。もちろん、家賃がもっと高い物件であれば、その分初期費用も高くなります。新しい家を契約するにはまとまったお金が必要なのです。さらに、引っ越し代数万円、家具家電の購入費用数万円、赴任先までの旅費、なども考えると、しっかり貯金がなければ難しいです。

これに対して、寮付き求人では入寮に際し、敷金礼金、仲介手数料のようなものは一切かかりません。毎月の寮費も無料で提供されていることが多く、寮費がある場合でも格安となっています。冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、エアコン、机、ベッドといった基本的に家具家電は備え付けてあります。入寮すれば、すぐに新しい生活が無料で始められるのです。引っ越し代、赴任先までの旅費も負担してくれる会社も多いです。

したがって、通常20万円以上はかかる初期費用がゼロで新しい部屋に住み、仕事が始められます。会社によっては、入社祝い金として数万円がもらえる場合もあり、逆にお金をゲットできます!

新しい生活を始めるのは何かと不安がつきものですが、お金の不安は全く無しで始められるということです。

求人の給与相場

寮付き求人は、仕事内容、勤務体系などによって給与が異なります。寮が無料だから、その分給与が少ないのではないかと不安な方もいらっしゃるでしょう。
しかし、そんなことはありません。

人気の求人の給与について具体的にご紹介します。物価の高い東京だと、時給1600円から、愛知だと時給1500円から、といった求人が目立ちます。大阪だと月給24万円からです。残業手当や土日出勤、夜勤なども対応できる場合、工場での簡単な作業でも月収30万円以上稼ぐことも可能です。一般的な大卒初任給と同等か、それ以上稼げる場合もあるということです。

年収にすると、1年目のスタッフで400万円程度、リーダーになると500万円程度です。さらに経験を積んでキャリアアップを目指すのであれば、事業所所長で800万円、エリア統括リーダーで1000万円です。工場での軽作業だと、ずっと同じ仕事の繰り返しで、年収が上がることなんてないのではないかとお考えの方もいたかもしれませんが、しっかり給与アップしていける仕事です。とりあえず働きたい方はもちろん、長期的にキャリアアップを見据えて働くことも可能なのです。未経験から始められる仕事ですが、資格を取得すれば資格手当がもらえ、仕事の幅が広がることによって、時給や月収アップも見込めます。派遣社員、契約社員から正社員へのステップアップを目指すことも可能です。

無理せずに1日8時間、週5日の勤務でも20万円程度は稼げ、さらに頑張りたい方は頑張った分だけ給与アップできます。

毎月節約できるお金

毎月生活していく中で、かかるお金についてきちんと理解していますか。実家暮らしで一人暮らしをしたことがない方、家計簿をつけたことがなくなんとなく支払いをして毎月生活していた方も多いでしょう。そこで、毎月かかるお金と、寮付き求人で節約できるお金について詳しくご説明します。

まず、最大の節約が家賃です。場所によっても異なりますが、一人暮らしのワンルーム家賃5万円~8万円程度の出費が節約できます。さらに寮では、光熱費が無料、Wi-fi利用料が無料といったお得なサービスがあります。光熱費(電気代、ガス代、水道代)で9000円程度、Wi-fi利用料4000円程度の節約になります。

これらを踏まえると、自分で支払わなければらない残りの生活費は、食費がありますが、食堂が利用できる寮では、食費も節約できます。食堂では栄養バランスのとれた、ボリューム満点の食事が格安で食べられます。食費は通常の半分ほどに節約できるのではないでしょうか。一人暮らしだと、自炊をすればそれなりに節約できますが、忙しかったり疲れてしまったりして、コンビニ食やインスタント食品に頼りがちになります。外食ばかりだとお金もかかります。このような食生活では、出費がかさむだけでなく、栄養バランスも崩れてしまい、元気に働くことができなくなってしまいます。料理に自信がない方は、食堂ありの寮を探すことをおすすめします。

このように、通常の一人暮らしだと月収の半分ほどは生活費に消えてしまいます。こうした必ずかかってしまうお金が節約できるのが、寮の魅力です。

自由に使えるお金

生活費がほとんどかからないのが寮生活の魅力だとお伝えしました。でも、自分で払わなければならないものもあります。具体的には、社会保険料(年金、健康保険料、雇用保険料)が毎月3万円程、自分の携帯料金、生活雑費(シャンプー類、ティッシュなど生活に最低限必要なもの)1万5000円程です。これらは、ほとんどの人が必要な経費でしょう。これらを合わせて、5万円程は必ず使うことになります。

そして、残りのお金が全て自由なお金となります。単純計算で月収20万円であれば15万円、月収30万円であれば25万円が自由になるということです。このお金で、自分が好きなものを食べたり、退勤後や休日の自分の趣味、旅行などに当てられます。これまで毎月の生活費がカツカツだった方にとって、こんなに余裕のある生活は嬉しいですね。これまでの借金やローンの返済に充てたり、将来のためにしっかり貯金することも可能です。

寮付き求人で働いている方の中には、食事は毎食食堂で食べて食費を節約、携帯利用は無料のWi-fiで十分なので携帯料金も節約、毎月の給与のほとんどを貯金している方もいらっしゃいます。それでも十分に無理せずに生活できる環境なのです。

まとめ

新しい生活を始めたいけれど引っ越し資金がない方、これから毎月たくさん稼ぎたい方にとって、寮付き求人は非常に魅力的です。給与相場は他の仕事と変わらない場合でも、毎月に使う生活費が少なくて済むので、自分の自由なお金がたくさん手元に残ります。

寮と言っても、家具付きのワンルームアパートのようなもので、快適に過ごせます。食堂つきだと食生活も充実した毎日を送れます。このような寮の設備、無料サービスの充実度合いから求人を比較して、仕事を決めるのもいいでしょう。

TOPへ戻る