障碍者が寮付き求人に応募して後悔したこと

障碍者にとって、一般就労への門戸が広がることはひとつのチャンスであり、時代の流れにも沿っていることですが、一方で、必ずしもすべての企業が障碍者雇用の意義をきちんと理解しているとは言えないのが現状です。今回は、具体例と照らし合わせつつ、障碍者の寮付き求人募集において想定されるトラブルやミスマッチについて詳しくまとめます。企業にとっても、障碍当事者にとっても双方に参考になる情報をお届けしますので、ぜひとも参考になさってください。

 

障碍を理解されていない

寮付き求人の募集に限らず、障碍者が一般企業で長期間働くにあたりまずハードルになるのは「障碍のカミングアウト」です。特に、外見からは分からない内部疾患や精神疾患の場合、応募者のほうから障碍をカミングアウトしなければ障碍を持っていることそのものを伝えることさえできません。

内部疾患をお持ちの方は定期的な通院が必要になる場合が多く、カミングアウトなしで内定した場合、周囲から「あの人はしょっちゅう会社を休んでいる」など根拠のない噂が流れかねません。また、外見ではっきりわかる身体障碍であっても、実際に職場で必要になる配慮はまさにケースバイケースで、マニュアル化できるものではありません。

どのようなタイプの障碍であれ、まずは採用前に障碍の特性について企業側に細かく伝え、入社後も定期的にカンファレンスを開くことで、本当に必要な配慮を受けながら気持ちよく働きつづけることができます。

 

過度に気遣われてしまう

寮付き求人の募集では障碍者への無関心も深刻な問題になっていますが、同時に「過度な気遣い」によるミスマッチも少なからず見受けられます。

障碍があるから普通には働けないだろう、長時間勤務は障碍の負担になるだろうと周囲が一方的に思い込み、本人の能力を無視して簡単な雑用ばかりをまかせたり、ミスについても理由なく肝要に接したりするなど、過度な気遣いによって本人をかえってスポイルしてしまっているケースが少なくありません。

障碍への無関心や過度な気遣いも突き詰めれば「企業とのコミュニケーション不足」に集約されますので、寮付き求人の募集に限らず、一般企業にエントリーする際には企業と緊密にコミュニケーションを取り、障碍に合わせた適切なケアを継続的に受けられるようにしましょう。

 

一部のスタッフに負担がかかってしまう

障碍者が一般企業で働く場合、企業内のスタッフが当事者のサポートを引き受けることも珍しくありません。複数のスタッフで上手にローテーションを組み、サポート体制を無理なく維持していくことができれば問題はないのですが、一部の企業ではひとりのスタッフに過度な負担がかかったり、知識不足から本人にとって必要なケアを提供できなかったりと、見えない部分でのしわ寄せが広がっている、という問題もあります。

日本でも最近、ジョブコーチやテレワークなど、障碍者の一般就労をサポートするための公的制度が拡充されていますので、障碍当事者の方もそのあたりについての知識とノウハウを深め、誰かが我慢することにならないようなシステムを整えることが急務となっています。

 

まとめ

寮付き求人の募集に限らず、障碍者の一般就労が未だにうまく進まないのは、ひとつに双方の遠慮や気遣いが原因となっている場合があります。入社後のミスマッチや後悔をふせぐためには応募の段階で障碍特性についてきちんとコンセンサスをとり、本当に必要なケアについて共通理解を結んでおく必要があります。

TOPへ戻る