トラブルを避けよう!寮付求人の生活体験談

会社が用意している寮にはいくつかタイプがあり、それぞれに起こる可能性の高いトラブルの種類は違います。誰でもトラブルは避けたいと思いますので、今まで起きてしまった生活の中での失敗してしまったことや、改善するために効果的なことを解説していきます。やりたかった仕事を長く続けていくためにメリットだけではなく、気を付けなくてはいけないことも知っておくと良いですね。寮付き求人に応募する前に確認しておきましょう。

騒音トラブル

最近ではそんなにひどいものは減ってきましたが、中にはまだまだ壁の薄いお部屋の寮があります。そうなると、隣人のちょっとした生活音でも気になってしまいます。もし、お隣の生活音が気になる時は、自分の部屋の生活音も同じように隣に聞こえているということだと思いますので、トラブルとなる前にお互いに気をつけていきたいですよね。

例えば、どのような音が気になりやすいのかというと、テレビの音や電話で会話する声など、少し気を使えば抑えることのできる音ではないでしょうか。大きな声で話さないとか、テレビのボリュームを少し抑えておけばなかなかトラブルまでには発展しないと思います。掃除機や洗濯機も同様で、使う時間帯を考えて利用すれば全く問題ありません。

寮付き求人で探した寮での騒音トラブルの場合、隣人が誰であるかも重要なのかもしれません。例えば先輩や上司だった場合は、こちらが気を遣っても、相手の騒音は注意できないことがあります。もし、自分が上司や先輩という立場でしたら、部下や後輩が我慢しなくて良いように普段から気にしてあげてください。隣人が仲の良い同僚でしたら話し合いで解決することができるので気が楽ですよね。

騒音は普通の賃貸マンションでも起こりうることですが、寮の場合は賃貸マンションよりも少しだけ音が大きくないかを気にするイメージで暮らしていくと良いと思います。普通に暮らしている分には問題ありませんので、臨機応変に対応していきましょう。

盗難トラブル

現在、多くの会社で用意しいている寮は、ほとんどの場合は、ワンルームの個室ですので、通常の賃貸マンションと同じような、戸締りなどのセキュリティーで盗難はある程度防ぐことができるようになっています。しかし、ワンルームの個室のある寮であっても集合寮と言われる、バス・トイレ・キッチンなどの他の人との共用スペースが多い寮や、お部屋が3人から4人用のお部屋でプラス共用スペースというようなルームシェアタイプの寮の場合は少し注意が必要となるかもしれません。

やはり、集合寮やルームシェアタイプですと、人の出入りが活発となります。ちょっとした不注意で盗難トラブルが起こってしまいやすいのです。例えば、共用している洗濯機から洗濯物がなくなってしまったり、洗面所などに置いておいた日用品が持っていかれてしまったりなど、貴重品ではなくても、小さいことでもトラブルとなってしまうこともあります。

これらの盗難を防ぐためには、普段から注意を怠らないことしかないのではないでしょうか。戸締りを必ずすることはもちろん、貴重品は肌身離さず持ち歩くなどの小さな配慮が大切です。また、寮に持ち込む家具や家電はできればあまり高価なものではないほうが良いと思います。一生暮らしていく場所とは考えにくいので、必要最低限のものにしておけば目をつけられることもなく、盗難のリスクが減ります。

盗難は職場の仲間だからこそ、疑うほうも疑われるほうも相当の配慮が必要です。お互いに配慮をし合いながら楽しく快適な寮生活を送ってください。

人間関係

寮生活で人間関係が上手くいかないと、全てが上手くいかなくなってしまうことがあります。やはり、仕事が生活の中心となってしまいますので、寮での人間関係は仕事にも影響が出てしまいます。反対も同じで、職場での人間関係がプライベートな空間にも無関係ではありません。だからこそ、敬遠されがちな面があるのですが、円滑な人間関係を作っていけば快適な暮らしを送ることも難しくはないのです。

人と接することは、好きな人と苦手な人がいると思います。好きな人であっても全ての人と上手く接するのは簡単なことではないでしょう。気軽に付き合える友達とは違いますので、一線を引きながら、社会人として適切なコミュニケーションをとっていくことが良いですよね。部下や上司、先輩や後輩、同僚などの関係性を崩さないように適度な関係性を築いてみてください。

どうしても人間関係を築くのが苦手な方は、最低でも挨拶はしっかりとできるようにしてください。特に共用スペースの多いタイプの寮では、1日の内で顔を合わせないことがほとんどありません。お互いに気持ちよく生活をしていけるように気遣っていくことが、トラブルを避けるための一番の効果的な方法ではないでしょうか。仲良くまでなれとまでは言いませんが、友好的な態度を心掛けていってください。

仕事に関してもプライベートに関しても、一番の肝となるのが人間関係ですので、自分の快適で充実した暮らしのためにも頑張ってみてください。人付き合いが苦手な方はワンルーム寮と呼ばれる、共用スペースのない寮を探すと良いかもしれませんね。

対策法

寮生活においての全てのトラブルの対策法は、日頃から同じ寮の仕事仲間と円満にコミュニケーションをとることだと思います。騒音に関しても本当に誰から見ても非常識なほどの騒音を出しているケースは非常に珍しく、ほとんどの場合が生活音のちょっとした音からきています。普段から隣の人と適切にコミュニケーションがとれていれば、軽い会話の中でさり気なく注意してみたりなど、簡単に解決できることなのです。

盗難については、一番は自分が注意することですが、普段から仕事仲間とのコミュニケーションを大事にして、信頼できる関係性を作っておけば、盗難防止にもなりますし、外部からの泥棒も仲間同士でお互いに注意し合えるので最大のセキュリティー効果となります。これは一人暮らしの賃貸マンションではなかなかできないことだと思いますので、寮の特権を生かしていきましょう。

人間関係については、上で説明した通りです。こう考えて行くと、やはり寮で暮らしていく中で一番大切なことは人間関係ということになります。仕事仲間と一緒の場所で暮らしていくわけですから、いろいろ気を遣わなければいけない部分はあります。当然、面倒と感じる方も多いでしょう。ですが、上手く関係性が築ければこんなに楽しいことはないですよね。

対策法をきちんととっていれば、トラブルとなってしまっても早急に解決することが可能です。確かにさまざまな揉め事は怖いですが、寮生活のデメリットばかりを見ずに、メリットを考えて前向きにトライしてみてくださいね。

まとめ

今回、さまざまな体験談や失敗談を聞いてみて感じたのが、寮に入ることのメリットよりもデメリットのほうが多いということです。もちろん、金銭的な面で大きなメリットはあります。これは何にも代えがたいメリットで、大げさに言えば、生きて行けるかどうかの問題も解決してくれるようなメリットです。なので、多少のデメリットは我慢する必要があるのですが、あまりに我慢しすぎてしまうと体調を崩してしまうこともあります。

体調を崩すという最悪な結果になる前に、避けられるトラブルは全力で避けていきましょう。

TOPへ戻る