寮付き求人が多い溶接の仕事!向いているのはこんな人

寮付き求人には、工場での勤務が数多くあります。その中でも溶接は、様々な方法があり必要な資格も多い技術職です。未経験からスタートし、仕事をしながら更に資格を取るという人もいますが、その場合に気になるのは向き不向きですよね。手に職を付けられるので将来的にも安心ですし、寮付きの求人が多く通勤にも便利なのが魅力の溶接の仕事。今回は、溶接に向いているのはどんな人なのか、仕事内容とともにご紹介します。

 

溶接の仕事内容とは

溶接は、金属を主に熱で溶かして繋げることを指します。この技術は様々なモノづくりの基礎となっており、我々が毎日触れる金属製品のほぼ全てにこの技術が使用されています。例えば車や自転車、電車やバス、飛行機などの乗り物はもちろん、公園の遊具などの身近なものにも使われているのです。

仕事の内容は多岐に渡ります。主に金属を取り扱うので、重いものを運ぶこともあります。また、溶接にはその方法によって様々な種類があり、ガスやアルミニウム、pc工法など免許の種類も多いのが特徴です。共通して言えることは、火花が散ったり高温になる機械を扱ったりする仕事現場のため、危険が伴うということです。

また、高い場所や楽ではない体勢での作業もあり、一瞬の気のゆるみが事故につながる場合もあります。

 

仕事をするには資格が必要?

この仕事をするためには、資格が必要になります。溶接の方法に合わせて複数の免許があり、経験がなくても取得できるものから一定の実務経験の年数を経てからでないと取れないものもあります。

資格が必要となると、仕事を始めるための敷居が高く感じてしまうかもしれません。しかし、実務未経験者でも取得できる資格もあります。ガスとアークの溶接資格は、学科試験と実技試験を受けて合格すれば取得することができます。試験は各自治体で行っていますので、問い合わせをして試験の日程や受験料などを調べることができます。

入社後に更なる資格の取得を奨励している会社も多く、まずは初心者でも取れる資格を取得して入社後にスキルアップを目指すこともできます。手に職を付けられる資格なので、取っておいて損はないですよね。

 

溶接に向いている人

この仕事に向いているのは、どんな人なのでしょうか。

第一に、モノづくりが好きな人が挙げられます。金属同士をつなぎ合わせることがメインの仕事ですので、工作が好きだったり、自分の手で何かを作ることに喜びを感じたりするという人にはおすすめです。また、主に扱うのは重たい金属になります。力仕事もありますので、体力に自信があるという人であればあまり作業が苦にならないでしょう。

それだけでなく、指先を繊細に使う細かな作業もあります。そういった細かい作業が好きな人にも向いています。

更に危険が伴う仕事で工場での勤務のため、火花や熱さ、大きな音などが気にならないという人にも向いています。集中力と体力の両方が必要になる仕事ですので、技術を身に付けたいという熱意があることが何よりも大切になってきます。

まとめ

私たちの日常生活に欠かせない技術である溶接。金属同士を繋げるため、危険が伴う仕事でもあります。仕事をするためには資格も必要となり、一生ものの技術を身に付けられるのが最大のメリットと言えるでしょう。

モノづくりが好きな人、力仕事や繊細な作業ができる人がこの仕事に向いています。寮付き求人も多く、技術を磨きながら生活も安定させられる仕事と言えるでしょう。

TOPへ戻る